オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
勤怠確認が簡単

企業の勤怠管理や人事給与は時代とともに大きく変遷してきている。
昔は多くの企業では、会社に出社した時刻と退出した時刻を台帳に記入し、上長に捺印してもらうことで勤怠管理が行われていた。
それにより、残業などの算出を行い給与の支払いを行うことが通常となっていた。
その後はタイムカードにより、入室と退室を管理する会社が多くなった。
タイムカードでは、カードを機械に挿入するのみで、その時刻が記録されるため手書きで記載することに比べ、進歩したものになっていた。
さらに近年では、ICカードで入退室を記録し、勤怠管理を行うことが多くなっている。
セキュリティ意識の強い会社などでは、入室のために専用のICカードが無ければ、入室できないように鍵をかけている場合が多くなっている。
この鍵を開ける際にICカードを利用させ、それの入退室履歴を合わせて取ることで、勤怠管理に活用するケースが多くなってきている。
このように、企業の人事管理においては、アナログからデジタルへと変遷してきている。

勤怠管理の未来

企業での勤怠の管理やそれに紐付く給与の計算などにおいては、自己申告を中心とした手書きなどのものから、システムを利用して厳密に管理できる方法へと変遷してきている。
さらに今後は、システム化の中においても変化していくと考えられている。
そのキーワードとなるのがクラウド化となっている。
これまでは、勤怠の管理をシステムで行うためには、それらのシステムを自社内に導入する必要があった。
導入するには、自社の勤務体系や人事の制度に合わせて独自のシステムを開発したり、汎用的なソフトやシステムを購入し導入するケースが多くなっていた。
しかし最近では、これらをクラウドサービスとして提供する業者が多くなってきており、それを活用する企業も多くなってきている。
クラウドサービスとして利用することで、自社で独自の勤怠システムを導入したり、システムのメンテナンスは不要となる。
それにより、低コストで人事管理を行うことが可能となる。
今後は増々、これらのサービス利用が増えていくと予想されている。

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031